忍者ブログ
わたくし安藤が日々の思うことや、感じたことなどを書き綴るものです。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
安藤由庸
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
ブログの評価 ブログレーダー
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝の中日新聞(名古屋本社版)で、「小泉郵政選挙のようなことにならないように」ととれる発言が載っていた。

私もそう思う。2代続けて中途半端に辞職した総理(総裁)を選出した与党(自民党)だ。今回の選挙でいらぬ盛り上がりをマスコミ等があおって、また政権の座につかれてはかなわない。

なので、マスコミには立候補受け付け日にだれが出たか、投票が済んでからだれが当選したのかだけの報道で済ませてもらいたいと思うところである。

というのは、「郵政選挙の二の舞はごめんだ」と報道することが結局は、国民、民衆、大衆の目を自民党に引き付けることになるからだ。

実態はともかくとして、性格としては、町の自治会長の選出と同じだし、私企業の社長を選ぶのとも同じなんだから。公選法の規定も適用されないし、そもそも投票資格のあるのは最大限に広げたところで一般の党員までなんだし……(先の総裁選挙では、総理を選ぶ選挙だと言っていたようなだが、その発言の内容自体は実態としてはそうかもしれないが、与党の総裁(党首)=総理とは限らないんだし……)。

なので、報道しないことが多分公正を自認する(なら……)マスコミの態度なんだろうと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]