忍者ブログ
わたくし安藤が日々の思うことや、感じたことなどを書き綴るものです。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
安藤由庸
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
ブログの評価 ブログレーダー
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雑誌フラッシュは火曜日が発売日らしい。ついでに今日は朝刊が休み。なので、昨日の朝刊に広告が出ていたフラッシュの記事が気になっていたので、本屋へ出かけた。私を知ってりる人なら、どの記事が気になったかはピタリとと当てられる。そう、そろそろ行われるであろう衆議院の総選挙の当落予想の記事だ。

見てみると、与党の惨敗、民主党の大躍進(といっても、これまでのとは規模が違う。何たって、議席倍増だから……)。

予測に使ったデータは、昨年の参議院議員選挙の投票(各政党の得票)結果だという。ハッキリ言って、衆参では有権者の投票行動が異なる(と思っている)から、それを使って出した予測がどれほどの信憑性を持つかは疑問。

それを見る限りは、支持政党の岐阜県内の小選挙区での獲得議席数については、5つの小選挙区のうち3つが取れそうな書き方になっている。というのは、今のところ候補予定者のいない岐阜4区と、今回初挑戦で活動期間も短い候補予定者の岐阜2区については与党の勝ち。県内他の3つの選挙区については、接戦か小選挙区勝利がほぼ確実のような書き方になっているから。

ただ、この予想は相当割り引いて見ていないと足元をすくわれて、思わぬ惨敗となるかもしれない。確かに与党への風当たりは弱くはないが、かといって野党に有利な条件も見当たらない(反与党と言うというだけでは、票は得られまい)。それと、確かに解散が近いと噂され始めてはいるものの、解散が確定したわけでもない。

当然与党の幹部だってこの記事を見ているわけだから(そんな暇はないか。でもスタッフは見ているから……)、何らかの対策を行うことは必至。

この記事の予想がどうであれ、これからの野党の日々の活動が次回の総選挙の結果を決める(って当たり前か。まぁ、素人の言うことだから、この辺までしか言えませんなぁ)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]