忍者ブログ
わたくし安藤が日々の思うことや、感じたことなどを書き綴るものです。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
安藤由庸
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
ブログの評価 ブログレーダー
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は昨日に引き続いての、連合岐阜による労働相談会に出席してきた。

そのとき、同じ様に相談員(回答者)として出席したある組合の委員長からこんな話を聞いた。

委員長
「あるAという製造業者があって、そこが昨今の売り上げの減少で、生産を縮小した。それまでいた派遣労働者は、当然その時点で派遣元へ返した。ところが、ここへきて受注が伸びだしたので、Bという取引先(部品製造の発注先。ちなみに、このB社の立場は、A社より弱い)から、余っている労働者をしばらくの間、”出向”ということで受け入れ出したんだ。A社からの発注が減少しているんで、B社も当然人余りの状態にはなっているからね……。これって、どう解釈する?」


「出向である以上、今のところは何ともしづらいんじゃないんですか?」

委員長
「しかしながら、これって、実体としては一種の派遣に近いんだよな……。大手家電量販店の例もあるし……。それに、契約内容がちょっとなぁ……。」


「そう言えばそんなこともあったなぁ……。」


派遣切りが散々叩かれた結果、こうした派遣まがいの行為が動き出したようだ。なるほど、送り出し企業は特定の、それも(多分)1社にだけ”出向”ということで労働者を送り出しているのだろうから、ある意味では派遣業法との関係では違法ではないのだろう。ただ、これが短期間ではなく、長期化、恒常化してくるとなるとまた新たな問題が生じるに違いない。委員長の心配はそこにある。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]