忍者ブログ
わたくし安藤が日々の思うことや、感じたことなどを書き綴るものです。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
安藤由庸
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
ブログの評価 ブログレーダー
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

福田改造内閣が発足して、内閣支持率がやや回復したとか。

この支持率調査の時に必ず選択肢として入っているのか、支持理由に「適当な人がいないから」というのがある。今回もこれが支持理由のトップらしい。どこにその原因があるのか分からないが、本当に適当な人物が居ないのか。まぁ、国会議員と言っても大臣や党役員でないとマスコミにはほとんど出てこないし、それほど一般国民から(地元選出の議員を除けば)注目も浴びることはないので、狭い選択肢の中でしか判断できないのだからこれは仕方のない結果かもしれない。が……、これではいかにも国民にとっては不幸かもしれない。適当な人が居ない……。

遅くとも1年以内には総選挙が行われる。その際には、この人になら総理大臣をやらせたいというつもりで小選挙区の候補に1票を投じてはどうだろうか。そうすれば、少なくとも(意識の上では)他に適当な人が居ないからという理由で支持をすることがなくなるような気がする。

さて、タイトルの「実は……」についてだが、多分その話を(仮に)1年かけてじっくり聞いても理解はできないだろうが、「実は」1度聞いてみたいことがある。

税金や社会保険料などのことなんですけどね……。

一体全体、この国を運営していくのに本来はいくらの金が必要なんでしょうか。

税金などが高いの、その使い方に無駄が多いのって話は聞くんだけどね、一体全体必要な金がいくらなのか分からない状態で、高いの、無駄が多いのって話はできないような気がしてるんですよね。

まぁ、本当に1年かけてじっくり聞いたところで、私に理解できる話ではないんですけどね……。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]